本文へスキップ

会長方針POLICY

  竜ケ崎ロータリークラブ
2021−22年度会長
   諸岡 佳子

 世界中に一昨年よりのコロナが蔓延し、パンデミックによる閉塞感の中、今まさに東京オリンピックが開催されようとしています。
 この逆境下においても人々は、インターネット、リモート等で世界中での繋がりが可能となりました。これまでは出向いて会合の目的地に集合できた人のみが参加できるセミナーも、地球の裏側からでも参加可能になり、社会に容認されるまでに変化致しました。現に世界代表RI会長が、2820地区の会長エレクト研修セミナーにリモートで参加されたという前代未聞の会議が行われました。シェカール・メータ会長から発表された本年度テーマは、「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」です。
 また、新井和雄ガバナーからの地区スローガンは「地球の未来を想い地域社会に貢献しよう」です。
 私たちは、これらのテーマを踏まえました上で、いかに困難な時期であっても、日本のロータリー史は100年を超え、竜ヶ崎ロータリー史は60余年の先人たちの想いや知恵を根や幹として地域の若い年齢層にもロータリーの広報活動を致すべくボーイスカウトや高校生、大学生にも声掛けをして活動内容の理解を高めてまいりたく思います。子供時代の体験は心に深く刻み込まれるものです。地道な努力ではありますが未来のロータリアンへと繋がることを願います。
 私たちの活動は、足元の地域である龍ケ崎から日本へ、日本から世界へ、そして地球、宇宙へと想いを馳せることのできるこのクラブこそが竜ヶ崎ロータリークラブと自負しております。その誇りを伊東幹事、小島SAAをはじめ、会員の皆様一人ひとりと共有しご協力をいただきまして任務を全うして行けたらと考えております。
 どうぞよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

例会のご案内

例会場
松 泉 閣
龍ケ崎市上町4675

例会日
火曜日 12:30〜13:30